第1話 ホープスリリーフクリームとの出会いとこれから。

初めまして、こんにちは!

ホープスリリーフジャパンのサイトへお越しいただき、また、こんなブログ記事まで読もうと思っていただきありがとうございます。

感謝です。

公式サイトのリニューアルが行われた「いま」は、2019年の年の瀬なのですが、ぼくがホープスリリーフブランドと出会ったのは、約12年前の2007年まで遡ります。

本当に色々なご縁を経て、ぼくたちが日本代理店としてホープスリリーフクリームの販売をするに至ったのですが、そんな経緯を「はじまりの物語」なんてちょっとかっこつけたタイトルでお話してみようかと思います。

お時間があるときにでもお付き合い頂ければ幸いです。

 

Hope’s relief Premium Eczema Creamが代表するホープスリリーフブランドは、オーストラリアのメルボルン郊外にあるメーカー「Body and Soul Health Products Pty Ltd社」のものです。

2007年当時、偶然、飲み友達からの紹介で知り合った友人がたまたま、オーストラリアの某メンズコスメブランドを日本に持ち込んで、総代理店として活動するために立ち上げた会社の創業メンバーでした。

彼のボスは、オーストラリアで色々な事業を立ち上げされていた方で、友人はその方と一緒にメンズコスメ事業の立ち上げに参画したのですが、その際に、Body and Soul Health Products Pty Ltd社との契約を結びオーストラリアでは既に認知度が高かった「HOPE’S RELIEFブランド」を日本市場に持ち込みました。

これ、言い方が悪いのですが、彼ら曰くは売れるものは多い方が良いし、と言う事で「ある意味おまけ」的に持ち込んだそうです。

ちょうどその頃、ぼくは全く異業種の会社数社の役員をしていたのですが、別会社を設立して通販事業を始めようとしていたタイミングで、さて何を売ろうかなーと考えていた時、メンズコスメはこれから来るんじゃないか!?と言う事で取り扱いだしたのが上述の某メンズコスメブランドだったんです。

ぼくは、今となっては店子(出店者)からとっても悪評高い某ショッピングモール(〇天〇場)への出店を決めて準備を進めていました。

そして、こちらの会社との取引がスタートしてまもなく、

「この商品って結構オーストラリアでも人気だけどどう?もしよかったら取り扱ってみますか??」

と言うオファーを頂きました。

 

それが、ぼくと「ホープスリリーフクリーム」が出会った瞬間でした。

そうなんです、その当時は実は「イチ販売店」だったんです。

今では、オーストラリアのメーカーBody and Soul Health Products Pty Ltd社と直接取引をして、日本の総代理店として活動をしています。

また、このサイトのドメイン(https://hopesrelief.jp)も、実はメーカー側が取得したものを日本公式サイトとして運営して欲しいとの依頼を受けて制作運営をしています。

 

が、そこに至るまでには色々な事があり、本当に紆余曲折が。。。

次回へ続く。

関連記事